不動産会社を訪問した際のマナーと注意点!

不動産会社を訪問した際のマナーと注意点!

積み木

キレイな服装で訪れよう

不動産会社の人達は、服装からお客様の人柄、性格、職業などを見極めようといます。また、服装に合わせて適正な物件を斡旋するために、服装が汚い、だらしない印象だと、優良物件を紹介してくれない可能性もあります。そのため、なるべくキレイな服装で名東区の不動産会社に訪れるといいでしょう。

インテリア

話し方や態度での注意点

身なりとともに、話し方や態度なども重要です。お客様だからといって、横暴な態度や乱暴な口のきき方では、不動産会社の方も親身になってサポートしようとは思いません。正しい言葉遣いや話し方を心掛けて、節度ある行動を取りましょう。マナーを守っていれば、不動産会社の方も安心して物件を紹介してくれるはずです。

避けるべき不動産の特徴5選

メンズ

資格を持っていない会社

不動産の取引を事業として行なうには、宅地建物取引業法に定められた免許取得が必要不可欠です。資格を持っていない会社は信頼性に欠けるので避けるべきでしょう。

誇張宣伝が目立つ会社

物件情報NO.1という宣伝をよく見かけますが、実際どの不動産会社も物件情報の掲載料はさほど変わりません。誇張宣伝が目立つ会社は顧客集めに必死で、信頼できるかと言えば微妙なところです。

物件情報が更新されない会社

基本的にいつまでも同じ物件情報が掲載されている不動産会社は「営業力がないか」、「紹介している物件が良い物件ではない」かのいずれかであると言われています。

店頭・店内が汚れている会社

店頭・店内が汚れている不動産会社は顧客の目線をきちんと捉えられていないと考えられ、不動産売買において信頼できません。なるべく清潔な不動産会社を選びましょう。

言葉遣い・電話対応が不快な会社

教育がしっかりとされている不動産会社なら、当然のこと言葉遣い・電話対応は丁寧で誠心誠意の対応をしてくれます。不動産売買で不快な気持ちになるような不動産会社はNGでしょう。

広告募集中